先輩メッセージ

生産部Production Department

鈴木 政弘
Masahiro Suzuki
(生産部生産課 腰入係長 1998年入社)


天龍製鋸を選んだ理由・きっかけは?

就職活動の時、天龍製鋸の求人票が目に留まりました。私は幼い頃からモノづくりは好きでしたが、鋸のことは一切知りませんでした。しかし、工場見学に行き非常に興味が湧いてきました。偶然にも父親の知人が働いていたこともあり、この会社を選びました。

今の仕事の内容は?

生産部の腰入工程で仕事をしています。腰入とは、切るモノや切り方に合わせて丸鋸の歪みを定規とハンマーで直し、精度の良いものにする手作業の仕事です。鋸の腰とは何か?丸鋸は切断中に熱膨張が生じます。そのため、切断中も熱膨張の変化に耐え、精度の良い状態を保つために腰入の作業が必要になるのです。腰がないと刃先の超硬チップの形状が良くても切断面が粗くなってしまうことがあります。そんな重要な仕事をしています。

EPISODE/成功談(嬉しかったこと)

成功したと思ったことはありません。ただ失敗していた自分がいるからこそ今の自分がいると思っています。失敗してもそれが次に繋がる糧になれば、それは成功と呼べると信じています。
過去に仕事が重なり、このままでは納期に遅れてしまうのではないかと深刻になったことがありました。そこでやむをえず、職場の仲間とともに毎日遅くまで残業をして無事納期に間に合わせたことがあります。苦しい思い出ですが、ピンチの時に仲間と助け合える関係を築けたことが嬉しかったです。

EPISODE/失敗談(失敗から学んだこと)

新入社員の頃は失敗も多く、上司にとって私は悩みの種だったと思います。当時の課長が「失敗は人間誰でもすることだから気にするな。ただ同じ失敗を2度はするなよ」と声をかけてもらい、安心して仕事ができました。そんな課長を見習い、今、後輩がミスを犯しても感情的にならず、一緒に原因はどこにあったのか考え、お互いに理解を深めています。

魅力・やりがいは?

私は色々な工程を経験させてもらいました。鋸の製造には一つひとつの工程が大切な要です。各工程を経て徐々に製品になっていく様子を見ていると、自分たちの作業が次の工程に繋がり完成していくことを実感します。でき上がった製品に我々の仕事に対する熱意の結集を感じることができるのが魅力です。

将来の夢・目標は?

適材適所に作業者を配置し、無駄をなくして効率的に生産し原価低減に務めることが目標です。今は若手の育成と技術継承を円滑に進めることと、これからもずっと天龍製鋸の丸鋸は素晴らしいという高い評価をもらえることが夢です。

仕事の面白さ・難しいところは?

仕事の中で私の思いを伝えたくても、十人十色と言いますか、捉え方もそれぞれで難しい時があります。だからこそ私の意見が伝わった時は嬉しいですし、逆にこんな視点の考え方もあるのかと驚くこともあります。
丸鋸の再研磨では、時々台金がひどく歪んだ状態での依頼もあり、作業は難航しますが、無事終わった時は大きな達成感があります。

こんな人材と一緒に働きたい(求める社員像)

今までの自分に満足せずに向上心を持って頑張れる人。失敗を恐れて何もしないのではなく、チャレンジする人。製品は1人で作っている訳ではありませんので、協調性があり、その作業に責任感を持って取り組める人。
たくさん書きましたが社訓にある「誠実と和」、それを実践できるような人材を求めています。