先輩メッセージ

東京支店Tokyo Branch

鈴木 健太
Kenta Suzuki
(東京支店 2007年入社)


天龍製鋸を選んだ理由・きっかけは?

工業用機械刃物は住宅・家具等の木製品から自動車、航空機、電子部品等の金属・樹脂・新素材製品に至るあらゆる分野の工業生産に必要なツールです。そんな刃物を原材料の加工から製品の完成に至るまで、一貫した生産を行い、各分野へ刃物を供給しているのが当社です。また、創業以来100年以上の歴史を持ち、国内でトップクラスのシェアを誇っていることが当社を選んだ理由です。

今の仕事の内容は?

日本国内において、木製品、鉄・非鉄金属等を切断する刃物を販売しています。
多様化するお客様のニーズに応えられるよう日々営業活動をしています。

EPISODE/成功談(嬉しかったこと)

入社2年目のことですが、当時はなかなか仕事に慣れず、失敗ばかりの毎日で、自信をなくしかけていた頃の話です。担当先の工場で新設された切断機に対して、各メーカーが自社製品を提案する中、当社は当初劣勢の状況にありました。しかし、この案件で何としても採用されたいという熱意を持ち、何度も足を運び、提案を重ね、最終的には当社製品を採用していただくことができました。
「一所懸命にやれば道は拓ける」と心から思えた、今でも大事にしている思い出です。

EPISODE/失敗談(失敗から学んだこと)

失敗はたくさんしてきました。その反省を何年経っても忘れることなく、その都度、次の機会に活かせるよう努力して、問題点の確認や改善をしています。
かつて、上司から「失敗は仕事をしているからこそ、任されている仕事があるからこそ、するものだ」と言われたことがあり、大変感銘を受けました。
 

魅力・やりがいは?

多くの方々との出会いがあることです。当社が販売する刃物はさまざまな業界で使われているため、数多くの方との出会います。そのため色々な価値観や考え方を学ぶことができ、自分自身を磨くためには最良の職種だと思っています。

将来の夢・目標は?

さまざまな業界の高度化するニーズに応え、最適な製品を提案・販売していくことです。
また、日本国内のみならず海外においても当社のパスブランドを確立していきたいと思います。

仕事の面白さ・難しいところは?

当社が販売する刃物はさまざまな業界で使用されているため、色々なモノづくりの裏側を見ることができる面白さがあります。一方で、さまざまな業界を相手にするからこそ、お客様のニーズもさまざまで、そのニーズに的確かつ迅速に対応していく難しさもあります。

こんな人材と一緒に働きたい(求める社員像)

品質、耐久性、生産性等、刃物を取り巻くニーズは近年ますます高度化しています。
当社はそんなニーズに応えていかなければなりませんが、個人の力には限界があります。多様な個性を持った一人ひとりが力を合わせることで、新たな力が生まれ、大きな困難にも立ち向かえると思います。周囲と協働し、より大きな力を生み出し、最後までやり抜ける人を求めます。