先輩メッセージ

開発技術部Development & Technology Department

野村 祐也
Yuya Nomura
(開発技術部開発技術課技術係 2009年入社)


天龍製鋸を選んだ理由・きっかけは?

就職活動の最中、何気なく見ていた就活サイトで、当時の当社のキャッチコピーが目に留まりました。
「天龍製鋸の『キョ』、モノづくりの一番最初の工程『切る』を提案する会社」。
すぐに「これだ!!」と思いました。「鋸の業界は広く知られている世界ではない。でも世の中にはなくてはならないもの。そこには自分が理想としていた仕事があるんだ」と。今でも、あのときの直感に従ってよかった、そう思えるような一種の運命的な出会いであったと感じています。

今の仕事の内容は?

私は鋸の設計や加工技術の開発から、でき上がった製品の取引先でのテストへの立会いに至るまで、鋸製造における一連の業務に携わっています。まずは自分のアイデアを机上で表現し、次にどのようにすればそれを具現化できるかを生産現場と協議します。これには、加工技術を知っている必要があります。さらに、でき上がった製品の良し悪しを見極めるためには取引先でのテストを自分の目で見る必要があります。従って、必然的に一連の業務に携わる機会が生まれるのです。

EPISODE/成功談(嬉しかったこと)

「成功」はありません。「成功」とは、自身が考案・提案したモノに周囲の賛同を得られるだけの価値を付与することができることであり、さらにそれが会社の利益に結びついて初めて「成功」と呼べるのだと考えています。
「会社の利益に結びつくような」成果はおろか、「自身で提案できる」レベルにも未だ達しておりません。「成功」を手中に収めるべく、「会社の利益に結びつくような」成果を上げられるよう、日々努力しています。

EPISODE/失敗談(失敗から学んだこと)

日々失敗の連続です。小さな失敗はセルフマネジメントで設定した自身の仕事のノルマが達成できなかったり、独りよがりの設計で無意味な製品を設計してしまったり…。
大きな失敗は「多分こうだろう」の思い込みで描いた図面が製造段階で実現不可能であることがわかったり。これら一つひとつの失敗を繰り返さないように反省と改善を心がけています。

魅力・やりがいは?

「開発」の魅力は何と言っても自分のイメージを具現化することができる点です。さらに、それが成功に繋がれば、この上ないやりがいと感じることができるでしょう。
また、鋸製造の一連の業務に携わる機会がありますので、さまざまなスキルを身につけるチャンスがあります。例えば、加工機の基本操作やメンテナンスの基礎、得られたデータをまとめるツールとしてPCプログラミングなど…。
あらゆる分野に興味を持って学び取り入れることで、自身のスキルアップにも繋がります。

将来の夢・目標は?

鋸はモノづくりの第1段階の主役であると思っています。そこから世界中の「切る」技術を進歩させていきたいと思っています。今は色々な分野で「新素材」が採用されています。それを切る作業は必ず発生します。世界中の「切る」ニーズに応えられる、そんな会社の一員でありたいと思います。

仕事の面白さ・難しいところは?

先にも挙げましたが、自分のイメージを具現化することができる点とさまざまなスキルを身につけるチャンスがあるところです。これらは、逆に言えば最も難しいことでもあります。イメージは湧かなければ具現化することはできないし、さまざまなスキルを身につけるには新しい分野に飛び込まなければなりません。期待と覚悟と責任感を持って目の前の業務に取り組むことで、自然と面白さに結びついていくのだと感じます。

こんな人材と一緒に働きたい(求める社員像)

自分の意思やこだわりを持っている人、それを表現できる人、ただし他人の意見にも耳を傾けることができる人、その上で総合的により良い選択ができる人。新しい分野に興味を持って飛び込める人。目の前の課題に熱中できる人。いざというときに腹をくくれる人。
野心と協調性を併せ持つ人。
これらは、すべて自身のこうありたいと願う姿でもあります。
同時に、こんな人が仲間になってくれれば、当社はより良い方向に向かうことができると信じています。